お勧め プロバイダ

稲坂結香子のエディーJAPAN日記

WiMAXサービスを提供しているプロ

読了までの目安時間:約 6分

 

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中で、少し変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。
そんな理由で、3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全く違います。

具体例を出せば、3波を使用するキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダには提供されていません。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なえば、WiMAXサービスの月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貯まります。

貯まったGMOポイントはBBウォレットで100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が可能です。BBウォレットの残高にお金を振り込んでおけば、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。その上、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりとして利用可能だったり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに利用する事も出来ます。WiMAXの特長としては、無線通信でインターネットを利用出来ると言う利便性が挙げられます。

無線を利用しますので、固定回線のように契約くした住所に縛られる事がありません。
それに加えて、WiMAX端末はポケットサイズですから、持ち運びに向いています。
諸々の部分を考慮すると、タブレットと持ち運んで使用すると良いです。そんな所から、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダもあります。

WiMAX通信専用のデータ端末は、年々新しいものが発売されます。

それぞれにより性能が異なり、スペックも異なります。中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14のお披露目です。
このWiMAX機器はau 4G LTEに対応し、以前はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。

WiMAXサービスの月額料金ですけど、実際の所、契約先により金額が違います。

具体的に言えば、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が値下げされます。更には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高くなります。こう言った感じに、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を決めましょう。

WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。

WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、WiMAXはどんどん多機能になっています。

例を挙げると、WiMAXしか対応していなかったWiMAX端末ですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線にも対応するようになりました。他にも、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された時も、通信速度が220Mbpsへと速くなりました。
周知の通りWiMAXには速度制限がありますが、そんなにハードなものではありません。
ギガ放題プランにて契約すると、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がないです。混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。

帯域制限時であっても、動画を観る事が可能な通信の速さは維持されます。

モバイルタイプのインターネットサービスは、WiMAX以外にも色々なサービスが存在します。一例を挙げると、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEが存在します。速度制限の無いぷららモバイルLTEではあるのですが、通信速度はわずか3Mbps程度です。ぷららモバイルLTEの通信速度ですが、速度制限の際のWiMAXよりも遅くなります。そう考えると、速度制限が無いとは言えども、WiMAXと比べると、速度制限がずっと続くようなものです。
最近のUQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。

au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率99%を超える、非常に受信しやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所まで電波が届きやすいです。従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも増えて来ています。UQ WiMAXの醍醐味は、通信制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。他社のモバイルインターネットサービスだと、通信制限が怖くて映画など見てられません。
平気な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位でしょう。けれども、WiMAXならば堂々と映画が視聴出来ますし、24時間インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。UQ WiMAXのレビューはこちら

 

未分類    コメント:0

インターネットサービスの契約をした

読了までの目安時間:約 6分

 

インターネットサービスの契約をした後は、無線LANルーターが手元にあると非常に便利になります。無線LANルーターがある事によってWi-Fi通信が出来ますので、LANケーブルを使う事が一切なくなります。光回線サービスの申し込み時に無線LANカードがレンタルで付いて来ますが、これは月々の使用料金にレンタル料金が上乗せされるのでお勧め出来ません。

代理店によってWi-Fiルーターを無料プレゼントしているところもありますので、そう言うキャンペーン特典を活用するのも良いでしょう。

光回線のサービスですけど、それぞれの携帯会社もサービスに参入しています。これらの会社の強みには、スマートフォンやケータイとのセット割引きを展開している点と言えます。例を挙げると、auひかりならauスマートバリューと言ったサービスを展開していますし、SoftBank光もスマート値引きと言うキャンペーンを行っています。

実際の割引き額は、家族が所持する1端末毎の月額料金が2000円安くなると言う内容になっています。

光回線の通信の速度なのですが、毎年高速化しています。

ADSLの頃は、50Mbpsほどの下り最大通信速度でインターネットを行っていました。ですが、光回線が取引され始め、下りの最大通信速度は100Mbpsに向上しました。

そして、光ネクストが取引され始めて下り最大通信速度は1Gbpsになりましたが、今は下り最大通信速度10Gbpsのインターネットサービスも取引され始めています。NNコミュニケーションズのauひかりなのですけど、色々とキャンペーン特典が付与されてお得です。
面倒臭い手続きや有料オプションへの加入条件がなくて、確実性の高いキャッシュバックキャンペーンが人気の代理店がNNコミュニケーションズなのですけど、それ以外にもお得感のあるキャンペーン特典が存在するのです。具体的だと、auスマートバリューと言ったauひかりとauのスマートフォンやケータイとのセット割引き特典があります。
NNコミュニケーションズの場合ならauスマートバリューの手続きをした場合に、無線LANルータのレンタル料金である500円がタダになります。
NURO光はGPONテクノロジーを使用する事で通信速度の速さが特徴的なインターネットサービスでして、他社の光インターネットの下り最大通信速度が1Gbpsのとこを、NURO光だと下り最大通信速度が2Gbpsも出力出来ます。これだけ速い通信速度を出す事が可能ですので、NURO光であれば複数の端末を同時にインターネット通信させた場合でも、十分な通信の速さでインターネットを楽しむ事が出来ます。

その上、NURO光はSoftBankのスマートフォンやケータイやiPadとのセット割引きキャンペーンを行っていますので、全体の通信費を抑える事が出来ます。
合わせて、NURO光ならばプロバイダへの申し込みが必要なく、無線LANのレンタルやセキュリティソフトも月額料金の中に含まれています。光回線の申し込みを行う際には、代理店を窓口にプロバイダと契約をします。
この部分がちょっと複雑で、同じ代理店を通した申し込みであったとしても、選んだプロバイダによって契約条件が変わります。それはキャンペーンの特典にも言える事で、キャッシュバック額もプロバイダによって違います。
合わせて、キャッシュバックが貰える条件もプロバイダによって異なりますから、総括的に考える事が大切です。
光回線の契約の順番は、どこのインターネット回線を選択するかと言う事から始まります。有名ドコロで言うとすれば、フレッツ光やauひかりなどと言った光回線があります。

その次の選択肢になるのは、数ある中の一つの代理店です。そうしたら、チョイスした代理店が対応しているプロバイダの中から、契約先を選択すると言う手はずを取ります。様々なプロバイダが光コラボレーションのサービス提供を行っていますけど、その中にはSoftBank光もあります。
SoftBank光を光コラボレーションの契約先として選択する最大のメリットとしては、スマート値引が挙げられるでしょう。
3Gケータイのデータ定額パックで契約中の人であれば毎月500円の割引きを受けられますし、5GBのデータ定額パック標準で契約している人ならば2年間の月額料金が1522円割引きされて、3年目以降であっても1008円の割引きを受ける事が出来ます。更に、10GBのデータ定額パック大容量で契約中の方であれば2年間2000円の割引きを受けられて、3年目以後も月々1008円の割引きを受ける事が出来ます。BIGLOBE光サービスと契約を行なう時、いくつか種類があります。今までのものですと、フレッツ光サービスの窓口としてBIGLOBEと言うプロバイダを利用する方式があります。また、フレッツ光回線のサービスを卸したBIGLOBEが管理する光サービスを使用すると言った、転用と言う方式もあります。
そしてまた、BIGLOBEが提供するauひかり回線サービスもまた、BIGLOBE光と言うサービスとして売り出されています。

各代理店にてキャッシュバック合戦が繰り広げられていて、少しでも高額なキャッシュバック額を提示している代理店が評判だったりします。
だけれども、高いキャッシュバックを獲得する為には有料オプションへの課金が必要だったり、何ヵ月後かに申請を忘れずに行なう必要があったりします。そのままキャッシュバック額を比較するだけと言った比較サイトは、インターネット上に沢山あります。
ですが、そんなキャッシュバックの受け取る難しさまで考慮に入れられているサイトは、ビックリするくらい少ないです。UQ WiMAXの評判は?

 

未分類    コメント:0

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NA

読了までの目安時間:約 7分

 

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOとはWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。

この技術によって、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなる訳です。その他にも、Bluetoothにも対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。
UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますけど、25ヵ月間の契約が一般的です。なぜかと言うと、25ヵ月間継続の契約を行なう事によって、25ヵ月間の月々の料金が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。なおかつ、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になる為、最終的に、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんけど、割引きは月単位の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きいものとなります。

WiMAXの通信を行なう為には、専用の通信回線が必要です。

新製品が次々と登場し、WiMAXの技術力は次々と上がっています。例を挙げれば、WiMAX回線を使った通信しか出来なかったWiMAX端末に、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。
その他には、通信速度も年々速くなって来ています。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された時も、通信速度が220Mbpsへと向上しました。

Speed USB STICK U01はUSBタイプの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX機器です。

その秘密は2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を束ねて利用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。それに加え、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応する事が可能です。Speed USB STICK U01はバッテリーを装備していませんから、USBポートから給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。驚くほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と制約を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言えます。
ですけれども、auスマートバリューmineに対応していませんから、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、ほとんどお勧め出来ないWiMAXのプロバイダとなります。

そして、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までのみ対応しているので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。

WiMAXサービスの中において、一番サポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対して情報を最も把握していますし、トラブル時の対応も最も早くて的確で、サポート対応時間も最長です。
だけども、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店と契約を行なうと言う方法もあります。

代理店ならキャンペーンの中身がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが可能です。WiMAXサービスの口コミを読んでいると、結構言われている事があります。一つの例として、通信が安定しないだとか、そんな話も目にします。

ではありますが、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。ですので、現状とは状況が異なるケースが多いです。

WiMAXの口コミを読む際には、いつ投稿されたかまで確認した方が良いでしょう。
電気屋さんで、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。私はWiMAXを使っていますので、必然的に、必要性を感じません。

WiMAXユーザーなので必要ないと答えたところ、想定外の答えをされました。WiMAXって言うと、天気の悪い日は受信が悪くなるでしょう?ただ、WiMAXを使い続けている私から言わせて貰えば、WiMAXと天候を関連付ける経験は一度だってありませんでした。嵐で天気が大いに荒れた日は何度か経験しましたが、WiMAXの受信が悪くなったり、そう言う経験は一度もありません。

UQ WiMAXの強みは、通信制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。

他社モバイルインターネットなら、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。
大丈夫な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?でも、WiMAXなら堂々と映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。WiMAXサービスと契約を申し込む折、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。
中でも嬉しいのは、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスです。
UQ WiMAXとなるとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。

どのプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。http://www.qudouyinba.info/

 

未分類    コメント:0

WiMAXサービスを利用して感じる利

読了までの目安時間:約 7分

 

WiMAXサービスを利用して感じる利点は、いくらかある様に感じます。一点目が、無線のインターネット回線ですから、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。
続いて思い浮かぶのが、無線の通信回線ですので、ネット開通に伴う工事は不要です。

そして、回線工事が不要と言う事で、低負担のインターネットサービスと言えます。

更に、帯域制限が厳しくない部分も、WiMAXを導入する際の利点と言えます。
URoad-StickはUSBタイプの軽量かつ小型のWiMAX端末で、持ち歩き性が良くて便利です。URoad-StickをUSBポートに接続する事により、給電しながら扱う事が出来ます。難しい設定も不要で使用出来ますから、そう言う簡便性が評判のWiMAX端末となっています。使用出来る通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、通信の下り最大速度としては110Mbps出す事が出来ます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として発表になったWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末になります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーに対応して、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回り広範囲での通信に対応しています。また、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いと言えます。WiMAX機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口カバー率が99%の通信回線で、広大なエリアで繋がります。
また、800MHzのプラチナバンドを使用していますから、奥まった部分まで電波が届きます。
他方で、一度でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、通信制限が普通に適用されます。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なえば、月額料金の支払いを行なうごとにGMOポイントが100pt貰えます。
貯まったGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が可能です。

BBウォレットの口座にお金を入れておけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用されます。合わせて、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりに利用可能だったり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに利用する事も可能です。
最近のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。

au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線で、日本の人口カバー率99%を超える、非常に受信しやすい通信回線です。

800MHzと言った低周波数を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。
電機屋にて、光回線を勧められました。私はWiMAXユーザーですから、言うまでもなく、必要性を感じません。

そんなわけで、店員に対して断りを入れると、呆れるような営業トークをされました。WiMAXなんか、天候が荒れたら受信が悪くなるでしょう?ですが、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、台風や強風でWiMAXが使えなくなるなんて事は一度足りともありませんでした。強風の中であっても、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。

モバイルルーターを使ったインターネットサービスには、WiMAXのようなサービスが多々あります。

例えば、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。ぷららモバイルLTEに速度制限が無いと言うのは確かにそうなのですが、3Mbps程度しか出ない点が難点ではあります。
この通信速度は、速度制限の掛かったWiMAXよりも遅いです。

だから、速度制限が無いとは言っても、WiMAXと比べれば、いつも速度制限状態と変わりありません。

WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常3種類のプランがあります。

28000円の高額な現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。そして、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。たまに、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、これはいつもある料金プランではありません。WiMAXのサービスを利用する際は、速度制限に関して注意が必要です。他のモバイルサービスと比べると、WiMAXの速度制限はある程度余裕を持たせています。

とは言え、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、速度制限が掛けられる基準を知っておくのが良いでしょう。しかし、速度制限に掛かってしまった場合であっても、YouTubeの動画位なら普通に観れる通信速度は確保する事が出来る様にはなっています。http://www.smartphoneworks.jp/

 

未分類    コメント:0

近年のWiMAXサービスと言えば、au 4G

読了までの目安時間:約 6分

 

近年のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX機器も登場しています。au 4G LTEはauの通信回線を使用し、人口カバー率99%を超える、とても繋がりやすい通信回線です。

800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が行き渡りやすいです。
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機としてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が出来ると言う点があります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を採用し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回り広範囲での通信を行えます。

他にも、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の大きな違いな訳です。
WiMAX通信機は通常の値段が20000円しますし、クレードルのセットで22750円もします。
結構な金額になりますので、WiMAX契約の際の足かせとなってしまいます。
そこで、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますから、そんなプロバイダを選択するとベストです。

WiMAX端末は、年々新製品が発売されます。個々により性能が異なり、利便性も違います。
そんな中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場でしょう。このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応し、以前はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。

PEPABO WiMAXと言うプロバイダには、普段3種類のプランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランや、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。そして、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。

不定期で、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、こちらはいつもある料金プランではありません。

WiMAXのサービスを導入した事により、私の日常は大きく一変しました。

一番大きかった事は、スマホで7G制限を気にする事がなくなりました。

Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。だから、スマートフォンサイトに動画が設置されている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。

毎月の費用が安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXが挙げられます。二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と条件を付けないのであれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダだと言えます。

でも、auスマートバリューmineに対応していませんので、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダとなります。加えて、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までしか対応していませんので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。

Broad WiMAXの特徴としては、月額料金が安い点があります。その分だけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。

契約から25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長い期間契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。WiMAXに申し込むと、その利便性の高さにビックリさせられます。自分が思ったのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限のせいでイライラする状況が無くなりました。

UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルじゃ無くなるのです。確かにWiMAXには帯域制限がありますが、そんなにハードなものではありません。
ギガ放題プランへ申し込むと、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限はありません。また、混雑回避の為の速度制限の時も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。
通信制限時であっても、動画の視聴が出来る通信速度は維持されます。UQ WiMAXのキャッシュバック方法はこちら

 

未分類    コメント:0

1 2 3 5